2009年05月08日

ロンボック島のゴルフ・廣済堂カントリークラブ

ロンボック島での第一日目は廣済堂カントリークラブでゴルフをしました。
バギーもレンタルできますが普段バギーに乗っているので今回は歩きでラウンドしました。
バッグはキャディさんが持ってくれるのでかなり楽です。
でもカートで引かず、キャディさんが担ぐので炎天下の中、大変気の毒でした。

途中で6人でラウンドしているローカルフライトがあったので驚きましたが
9ホール終わったところで先に行かせてもらいました。

コースはそれほど難しくないのですが、バンカーが多い!
それも女性が叩く距離に作られているような気がしました。
通常は男性の飛距離に合わせてバンカーがあるので、
女性にとってバンカーを避けることはそれほど難しくはないのですが
廣済堂カントリークラブでは8回はバンカーに入れたと思います。ふらふら

旦那はほとんどバンカーに入れなかったところを見ると、
やはり女性の飛距離に合わせてバンカーがあるのでは?と疑ってしまいます。
ただ単に下手くそだってこともありますねー。

フェアウェイは芝生が剥げかかっている中に雑草が生えている、という状態でした。
5月で乾季に入って数ヶ月でこの状態なので8月はもっとコンディションが悪いのでしょうか・・・

それでもグリーンは芝生がきちんと整備されており、快適でした。

池越えはなく、OBもあまりないのでそれほど難しいコースではありません。
(バンカーを除けば・・・)
そういえば4ホールはどこへ打てばいいのか分かりませんでした。
ティーショットからみたフェアウェイが狭くてどこに打てばいいのか分からないので
キャディに聞くと、あの椰子の木を狙え、と答えが返ってくる。

どの椰子の木?

あの真ん中の。

うーん、椰子の木が多すぎてどれだか分からないー!!

で、結局真ん中の椰子の木に向かって打ったところかなり左側へ行ってしまった!!
結果オーライで、左側の椰子の木を狙え、って言ってたみたいです。わーい(嬉しい顔)

私が狙った椰子の木の周りは池でした!

2人で歩いて回って3時間だったので、いいペースです。
キャディは静かで(どこかのキャディと違ってミスショットをしても笑わない。意味なくグッドショットと言わない)
マナーがあったので、相場より高い100,000ルピアもチップをあげてしまった。
50,000ルピア程度でいいようです。

でも実は旦那のチッピングクラブがラウンドする前に盗まれてしまったことを明記します。
車でカントリークラブに着いたとき、さささっとキャディが来て我々のゴルフバッグを持って行ってしまいました。
我々はレセプションで手続きをし、さぁラウンド!と言う時にはすでにクラブが無かったのです。

キャディが盗んだのかその上司だったのかは分かりませんが、
バッグを持ってレセプションに行った方がいいです。

ここでランチを頂く予定だったのですが、焼き飯とヌードルしかない、と言われホテルに戻ってから
食事をしました。

経営が変わったらしくここでの食事は期待しない方がいいでしょう。

残念ながらカメラを持っていくのを忘れ、写真が撮れませんでした。
海沿いのホールは思わず海岸まで行って景色を眺めてしまったくらい美しかったです。

それからこのコースでは小さな男の子達がロストボールを売りに来ます。
私がブッシュの中に打ち込んでしまったボールも
探すのを諦めて新たなボールでプレーを再開したら
どこからともなく5人くらい男の子が走ってきてボール探しが始まりました!

マナーをわきまえているのか、我々がボールを捜している時には
どこかでじっと見守っていたようです。


廣済堂カントリークラブの予約はこのサイトからしました。
日本語で予約できます。

じゃらんじゃらんロンボック
http://jalan2lombok.com/

18ホール: US$75
ホテルからの送迎:US$15/一人 (二人以上から)


posted by 旅は道連れ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | インドネシア・ロンボック島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。